女性にとって快適な装備満載のおすすめ国産車

魅力的な国産車はたくさんありますが、女性からみて快適な装備とははたして何でしょうか?国産車の装備のなかには、運転を楽にしてくれるもの、車内をより快適にしてくれるものなど色々とあります。しかし女性ならば、という視点から見れば、なによりも運転を楽にできるものがあると嬉しいでしょう。

運転に対して苦手意識を持つ女性が多い中で、もし運転がずっと楽になったらきっとドライブも今よりも楽しく感じることができるでしょう。

イマドキな国産車の装備でおすすめなのは、オートクルージングと呼ばれる機能です。前を走る車に自動で追従してくれる機能で、カーブがあっても勝手にハンドルを操作して、レーンを守りながら自動で走ってくれます。一般道では難しいですが、流れが良い高速道路では、さながら人工知能がついた自動運転のようにドライバーがほとんど操作をしなくても安全に走行してくれます。

そのうちハンドルから完全に手を離しても安全に車が勝手に動いてくれる日も遠くないかもしれません。同じように、衝突を未然に防いでくれるブレーキレーダーサポートやアイストップといったお助け機能も非常に助かります。

そのほか、女性が気にするポイントは車内の快適性です。
いまやオートエアコンが当たり前になり、自動で温度設定をしてくれるようになっていますが、最近ではPM2.5や花粉対策で空気清浄機能が装備されている車もあります。

女性にとってみれば、花粉症やPM2.5は美容の大敵ですから、きっとうれしい装備になるでしょう。快適かどうかは女性にとって非常に重要な要素です。最近の国産車メーカーの関心も、女性に訴えかける車作りに注がれているようです。

万が一に備えてドライブレコーダー

ドライブレコーダーをご存じですか?車を運転している最中に周りの状況を録画してくれる機器です。ある調査によると、昨年2016年のドライブレコーダー販売台数は79万台で、前年に比べて29%も増えているそうです。直近の3年間で3倍にも増えています。

最近、交通事故による報道をよく目にしますが、その中でもドライブレコーダーの映像が流れていたりしますね。それだけレコーダーを搭載している車が増えているということですが、こうした報道を見て自分の車にもつけておいたほうが良いと考える人も増えていると思います。

ドライブレコーダーの映像があれば、万が一のときに備えることができます。深刻な事故とまではいかなかったとしても、ちょっとした交通トラブルに巻き込まれたときでも、自分が被害者であることの証拠として利用することができます。

車関連商品の販売店やウェブサイトで販売されているドライブレコーダーは1万円以下の低価格な商品から、約5万円の商品までさまざまなです。

中心になるのは、次のような機能を備えたもので2万円前後で購入できます。
・運転中に常時、映像記録を続ける
・何らかの衝撃を感知した際にその時の記録をロックする
・走行した位置情報や走行速度も記録する

ドライブレコーダーで録画をしていること自体が、様々なトラブルへの抑止力になるそうで、それを周りに示すためのステッカーやマグネットも人気だそうです。「ドライブレコーダー撮影中」なんて文字を付けた車を見たことがある人いるのでは?

長崎県警のサイトで公開されている統計によれば、長崎県の交通事故は少しづつ減少傾向にあります。過去10年で交通事故は約30%減少しています。平成19年に約8千件あった交通事故が平成28年で5千6百件まで減っています。これは喜ばしいことですが、それでも5千件以上の事故が発生しています。

備えあれば憂いなし。2万円ほどで安心が買えるなら安い!のではないでしょうか?