東京モーターショーで注目のコンセプトモデル

ここ長崎からはおいそれと見に行くことはできませんが、東京モーターショーの報道記事がネットでたくさん上がっています。モーターショーといえば綺羅びやかなお姉さまが注目のひとつですが、楽しみなのは各メーカーの将来のモデルを予感させるコンセプトカーの発表・展示です。

どう考えてもこのまま市販とかありえないっしょというような機能性度外視のアニメやSF映画からそのまま出てきたようなものから、このまんま出てきたら嬉しいという期待を持ちたくなるような現実感のあるモデルまで様々です。

今回個人的に大注目していたのがマツダだったのですが、期待通りというか、期待以上にやってくれました。そのマツダが発表したコンセプトモデルのひとつが魁(KAI)です。フロントマスクは今年出た新型CX-5の造形と似た方向性で、これはこのまま量産を考えているなと思えるもの。大型のグリルが浮くこともなく迫力とエレガンスが融合した好みのデザインです。

サイドからリアにかけてはイタリアンスポーツカー然とした量産車らしからぬ流麗でセクシーな肉感のある仕上がりになっていて、このまま出てきたらスゴイなという感じ。こちらもとても好みです。

そろそろアテンザの次期モデルの話も出てきそうなころにこのコンセプトモデル。この流れをアテンザが引き継いだらかなり格好良くなりそうです。

さらにさらにこのデザインにスカイアクティブXの次期ガソリンモデルが搭載されたら、かなり注目されそうです。

長崎市で車を高く売るにはどうしたらいい?

モノを高く売るためには、売り手が少なく、買い手を多い環境がやりやすいです。世の中はその市場原理で様々なモノが取引されています。皆が欲しがれば値段があがり、人気がなければ価格が下がるのは、自然なことです。

車も同じで、人気が高いクルマは高く売れますし、そうでない車は苦戦するでしょう。しかし、ある程度人気がある車でも、流通量が多ければ、さほど高く売れることはないでしょう。別にあなたから車を買わなくても他で買えるからです。

そうすると、とんでもなく希少で人気のある車以外は高く売れないのかというとそういうわけではありません。冒頭にお話したように、売り手よりも買い手が多い状況で売るようにすれば良いわけです。

ひとつの手段は、車自体がよく売れる時期にあわせて売却することです。車を買いたい人の数は、年中一定ではありません。3月をピークにして、9月や12月、6月にもよく売れます。あなたは何もしていないけども、勝手に買い手が増えてくれる時期というわけです。

こういう時期に車を売れば、販売店も在庫を増やそうと仕入れを多くしますので、いつもよりは高い値段がつきやすいのです。ピークの時期の1-2ヶ月前に売るのがベストです。買い取ってから整備したり、名義変更などの事務手続きをしたり、売れる状態にするまでに時間がかかるからです。

もう一つというか、ピークに合わせる方法と組み合わせたい方法が、買取業者同士で競争をさせることです。要は、複数の買取業者に査定をしてもらって一番高い業者に売却するのです。他の業者の査定額を伝えれば、それを上回る金額を再提示してくる可能性もあります。

長崎市も車の買い取り業者はいろいろあるので、いちいち全部回ることは現実的ではないでしょう。そこで利用してほしいのが車の一括査定サイトです。ネットで車の査定を依頼できるサービスですが、一回の登録で最大10社程度ほどに査定依頼がだせるのでとても便利です。

こちらのサイトによれば、長崎市にも80社以上、買取業者があるそうです。

長崎市の車買取会社完全版

女性にとって快適な装備満載のおすすめ国産車

魅力的な国産車はたくさんありますが、女性からみて快適な装備とははたして何でしょうか?国産車の装備のなかには、運転を楽にしてくれるもの、車内をより快適にしてくれるものなど色々とあります。しかし女性ならば、という視点から見れば、なによりも運転を楽にできるものがあると嬉しいでしょう。

運転に対して苦手意識を持つ女性が多い中で、もし運転がずっと楽になったらきっとドライブも今よりも楽しく感じることができるでしょう。

イマドキな国産車の装備でおすすめなのは、オートクルージングと呼ばれる機能です。前を走る車に自動で追従してくれる機能で、カーブがあっても勝手にハンドルを操作して、レーンを守りながら自動で走ってくれます。一般道では難しいですが、流れが良い高速道路では、さながら人工知能がついた自動運転のようにドライバーがほとんど操作をしなくても安全に走行してくれます。

そのうちハンドルから完全に手を離しても安全に車が勝手に動いてくれる日も遠くないかもしれません。同じように、衝突を未然に防いでくれるブレーキレーダーサポートやアイストップといったお助け機能も非常に助かります。

そのほか、女性が気にするポイントは車内の快適性です。
いまやオートエアコンが当たり前になり、自動で温度設定をしてくれるようになっていますが、最近ではPM2.5や花粉対策で空気清浄機能が装備されている車もあります。

女性にとってみれば、花粉症やPM2.5は美容の大敵ですから、きっとうれしい装備になるでしょう。快適かどうかは女性にとって非常に重要な要素です。最近の国産車メーカーの関心も、女性に訴えかける車作りに注がれているようです。

万が一に備えてドライブレコーダー

ドライブレコーダーをご存じですか?車を運転している最中に周りの状況を録画してくれる機器です。ある調査によると、昨年2016年のドライブレコーダー販売台数は79万台で、前年に比べて29%も増えているそうです。直近の3年間で3倍にも増えています。

最近、交通事故による報道をよく目にしますが、その中でもドライブレコーダーの映像が流れていたりしますね。それだけレコーダーを搭載している車が増えているということですが、こうした報道を見て自分の車にもつけておいたほうが良いと考える人も増えていると思います。

ドライブレコーダーの映像があれば、万が一のときに備えることができます。深刻な事故とまではいかなかったとしても、ちょっとした交通トラブルに巻き込まれたときでも、自分が被害者であることの証拠として利用することができます。

車関連商品の販売店やウェブサイトで販売されているドライブレコーダーは1万円以下の低価格な商品から、約5万円の商品までさまざまなです。

中心になるのは、次のような機能を備えたもので2万円前後で購入できます。
・運転中に常時、映像記録を続ける
・何らかの衝撃を感知した際にその時の記録をロックする
・走行した位置情報や走行速度も記録する

ドライブレコーダーで録画をしていること自体が、様々なトラブルへの抑止力になるそうで、それを周りに示すためのステッカーやマグネットも人気だそうです。「ドライブレコーダー撮影中」なんて文字を付けた車を見たことがある人いるのでは?

長崎県警のサイトで公開されている統計によれば、長崎県の交通事故は少しづつ減少傾向にあります。過去10年で交通事故は約30%減少しています。平成19年に約8千件あった交通事故が平成28年で5千6百件まで減っています。これは喜ばしいことですが、それでも5千件以上の事故が発生しています。

備えあれば憂いなし。2万円ほどで安心が買えるなら安い!のではないでしょうか?

長崎の秋の名物紅葉スポット

こんばんは。長崎在住のくるまにあです。

先週ちょっと暑かったと思ったら、今週はずいぶん涼しくなってきました。天気も今ひとつパッとしないし、なにやら台風も来ているとか。季節外れの台風が余計なことをしれくれなければ良いのですが。

いよいよ秋も深まってきて、こうなると楽しみなのは美しい紅葉です。長崎というと海に面した港町というイメージがありますが、実は海も山もどちらも豊かなとても複雑な地形を持った土地なんですね。

長崎には紅葉を楽しめるスポットが沢山ありますが、なかでも一際光っているのが佐世保市にある寿福寺の逆さ紅葉でしょう。

紅葉の時期だけの限定で、色鮮やかな逆さ紅葉が一般に公開されます。広間の畳をアクリル板と交換して、庭園にある紅葉が逆さに映るように仕掛けを施すのだそうです。まあとにかく、百聞は一見に如かず。ぜひ直接その目で見ていただきたいと思います。

あまりの鮮やかさに言葉を失うこと間違い無しです。

雲仙市の三十路苑もおすすめ紅葉スポットです。その美しさもさることながら、そのエピソードも興味深い場所です。なんと、この巨大な紅葉庭園は、30年の歳月をかけて個人が1000本の紅葉を植えてできた約8,000坪の紅葉庭園なんですね。

小浜温泉と雲仙温泉の間に位置するとても美しい庭園。島原半島の郷土料理・ろくべえが名物になっている六兵衛茶屋のオーナーが、自宅の裏山に紅葉を植え始めたのがきっかけだとか。

ほかにも、あまりの美しさに息を呑む絶景が長崎にはたくさんあります。ぜひこの涼しく過ごしやすくなった行楽シーズンにドライブがてらお出かけしてみてください。

あなたの車もきっと喜んでくれるでしょう。